食道裂孔ヘルニア

ヘルニアの一押し教材

食道裂孔ヘルニア

 

 

食道裂孔ヘルニアとは、胸腔内に胃が脱出した状態の
ことをいいます。

 

食道裂孔というのは、食道と胃の継続部にある横隔膜を
貫通している部分のことです。

 

食道裂孔ヘルニアの主な症状は胸焼けです。
他にゲップや上腹部の腹満感や嘔吐感、灼熱感、食道に関わる
部分の不快感が出てきます。

 

しかし、食道裂孔ヘルニアの約2割は無症状です。

 

そのために、早期発見が出来ず重篤な合併症を伴う場合があります。

 

食道裂孔ヘルニアの治療法は主に保存療法です。
胃酸を抑えたり、腹圧を上昇させないための治療が行われます。

 

手術を行うことは滅多にありませんが、進行具合や改善の余地がなく
最終手段として手術を行うことがあります。

 

食道裂孔ヘルニアの原因のほとんどは、先天性か加齢とされています。
肥満体質の方も食道裂孔ヘルニアになりやすいと考えられます。

 

 

 

⇒ 【頚椎ヘルニア・頚椎症・ストレートネック】自宅で改善プログラム

 

ヘルニア

 

ヘルニアマニュアルの総合ランキングはこちら
⇒ ヘルニア 総合ランキング

 

ヘルニア 人気ランキング

【頚椎ヘルニア・頚椎症・ストレートネック】自宅で改善プログラム 概要。

⇒ 詳細はこちらをクリック


中川式腰痛治療法 概要。

⇒ 詳細はこちらをクリック


大須賀式 坐骨神経痛改善法【1日5分ストレッチ】 概要。

⇒ 詳細はこちらをクリック

トップページ 人気ランキング 第1位 人気ランキング 第2位 人気ランキング 第3位